分割前の遺産から生じる家賃収入

 被相続人が賃貸マンションなどの収益物件を所有していた場合、遺産分割が成立するまでの間も、賃料収入が入ってきますが、これらは、どのように処理すべきでしょうか。

 近時の最高裁判例は、「賃貸不動産から生じた賃料収入は遺産とは別個の財産であって、各共同相続人がその相続分に応じて取得し、この権利は後の遺産分割の影響は受けない」と判断しました。
 従って、後に相続人の1人が賃貸マンションを取得することになっても、遺産分割が成立するまでの賃料収入は相続人が相続分に従って取得することになります。
 今回の賃料収入は、相続が開始したときに存在していたものではありませんので、厳密には遺産ではないので、遺産分割協議の対象とすべきでないという見解もあります。
 しかし、賃料収入を除外して遺産分割をすることは、結局、別個に共有物の分割協議をするということになり、二度手間となって煩雑ですし、遺産全体の問題を一挙に解決すべきという要請にも反することになります。
 したがって、実務上は、共同相続人全員で合意があるときは、賃料のほか、配当収入、預金利息等の法定果実も遺産と一括して遺産分割の対象とすることが一般的です。