借金相談・自己破産・債務整理・過払い金・個人再生・相続問題・遺言作成・遺産分割・離婚問題等、各種法律相談は神戸の弁護士事務所 「かがやき法律事務所」 へ。

かがやき法律事務所~神戸の弁護士事務所

〒650-0034 神戸市中央区京町74番地 京町74番ビル6階

法律相談は19:00まで
(フォームでの予約は土日含む24時間受付)
※メール・電話による相談はご容赦下さい

予約制・完全個室での個別相談を徹底

078-393-5022

業務時間:9:30〜18:00 (土日祝を除く)

遺留分の基礎知識

遺留分とは何か

 遺留分とは、一定の相続人に最低限保障されている相続権割合のことで、遺言をする人にとっての唯一の制約となります。

 遺言による財産の処分は、原則として自由に決めることができますが、この遺留分を害するような遺言を作ると、その害する部分については効力が認められなくなる場合があります。

 遺留分を侵害した遺言は、権利を侵害された相続人が、権利を得た者に対し、遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)を行使することによって、すでに財産を相続した者へ返還を求めることができます。

 すなわち、遺留分を侵害された遺言であっても直ちに無効となるのではなく、遺留分減殺請求権が行使されたときに、その侵害された部分について無効になるということになります。

 遺留分を侵害された相続人が、遺言者の意思を尊重しようと考えて、遺留分減殺請求権を行使しなければ、その遺言は全体として有効なものとなります。

 せっかく自分の死亡後の紛争を防止するために遺言を作成したつもりであっても、遺留分を侵害した遺言は後に相続人間で、トラブルの種になることがありますので、遺留分がある場合は、注意して遺言を作る必要があります。

遺留分がある相続人

遺留分は、全ての相続人に認められているわけではありません。
遺留分が認められる相続人は、配偶者、第1順位の相続人である子、第2順位の相続人である直系尊属に限られます。兄弟姉妹には遺留分がありません

各相続人の遺留分の割合については以下のとおりです。

①相続人が配偶者及び子→被相続人の財産の2分の1

②相続人が子のみ→被相続人の財産の2分の1

③相続人が配偶者のみ→被相続人の財産2分の1

④相続人が配偶者及び直系尊属→被相続人の財産2分の1

相続人が直系尊属のみ→被相続人の財産の3分の1


具体例(相続人が配偶者及び子一人の場合)

それぞれの法定相続分は、配偶者:2分の1 子:2分の1

遺留分は被相続人の財産の2分の1ですから、
配偶者の遺留分=2分の1×2分の1=4分の1
子 の遺留分=2分の1×2分の1=4分の1 となります。

このような場合に、被相続人が遺言により、全ての財産を愛人に遺贈するとした場合、配偶者及び子は、相続財産の4分の1の範囲で愛人に対し、遺留分減殺請求権を行使することができることになります。

遺留分の基礎財産

遺留分の基礎財産は、被相続人の死亡時の財産に贈与の額を加え、債務を控除したものとなります。
この場合の贈与は、原則として、相続開始前1年以内のものに限られます。

但し、当事者双方が、遺留分権利者に損害を与えることを知りつつ贈与を行ったとき、相続人が結婚や養子縁組のため又は生計の資本として贈与を受けた場合には、例外的に1年を超えたものでも加算の対象となります。

遺留分減殺請求の方法

遺留分減殺請求は、遺贈などを受けた者に対し、配達証明付きの内容証明郵便でするのが通常です。
請求後、遺贈などを受けた者と協議を行い、協議が整わない場合は、調停訴訟を提起して解決することになります
遺留分減殺請求は、手続き的に難しい面もありますので、請求を行いたいという方は、一度専門家に相談されることをお勧めします。
なお、請求を受けた方は、請求どおり財産を返還する代わりに、減殺された財産の金額を払って財産自体の返還を回避することも可能です。

遺留分減殺請求の期限

 遺留分減殺請求権の行使がいつまでも認められるとすると、相続関係がいつまでたっても確定しないことになり不都合であることから、遺留分減殺請求権には期限が定められています。

 具体的には、
 ①相続が開始して、遺留分を持つ相続人が自己の遺留分が侵害されていることを知った時から1年間
 ②相続が開始した時から10年間
 です。

遺留分の放棄

 遺留分は、相続放棄と異なり、遺言者の生前に放棄することも可能です。
 従って、相続人廃除のほか、遺留分の事前放棄と遺言を組み合わせることにより、財産を相続させない方法もあります。

但し、遺留分を放棄するためには、遺留分を持つ相続人が、家庭裁判所に対し、遺留分を放棄する手続を行い、家庭裁判所の許可を得る必要があります。つまり、相続させない相続人の協力が必要になります。遺留分を持つ相続人が、親子間での何らかの事情により、「相続しなくてもよい」と言っているような場合に利用できることになります。

 申立ては、被相続人の住居地を管轄する家庭裁判所に対して行います。
 遺留分の放棄が認められても、相続権が無くなる訳ではありませんので、必ず遺言でその全財産を、遺留分放棄をした相続人以外の者に相続させたり、遺贈しておかなければなりません。
 
 なお、相続人の一人が遺留分の放棄をしたとしても、他の相続人の遺留分が増えるものではありません。相続放棄があった場合には、他の相続人の相続人が増える場合がありますが、遺留分の放棄は、遺言者が自由に処分できる割合が増えるにすぎないので注意しましょう。

 また、遺留分の放棄が認められても、相続放棄をしたことにはなりません。遺留分を放棄した人も、相続が開始すると相続人となります。従って、遺留分の放棄をしたとしても、被相続人に債務がある場合には、債務を法定相続分に従って承継します。遺留分の放棄と相続放棄は別ですので注意しましょう。

法律相談の予約申込み・お問合せはこちら

兵庫県神戸市の弁護士事務所です。神戸市、明石市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、加古川市、三木市、加東市などを中心に兵庫県全域にお住まいの方からご相談をお受けしています。離婚問題 (慰謝料・親権・養育費・面会交流など)、不貞慰謝料問題、遺産相続・遺産分割問題、遺言の作成、相続放棄、借金相談 (過払金・自己破産・債務整理・個人再生など) 、損害賠償などの暮らしの法律問題、中小企業の債権回収等の法律問題を取り扱っています。お気軽にご相談下さい。マンション管理士資格を有しており、マンション管理組合 (理事会)の滞納管理費に関するご相談もお受けしております。

当事務所は、年間300件超のお問合せ実績、累計4370件超 (事務所開設9年10ヵ月 (平成29年10月末現在) ) の法律相談実施実績、常時相当数のご依頼を頂いて活動しております。安心してお問合せ下さい。

最短24時間以内のご予約も弁護士のスケジュール次第で可能です。

お身体の具合等により、事務所にお越しいただくことが困難な場合は、事情をお伺いし、出張面談も承ります (但し、別途交通費実費と出張日当を申し受けます) 。

お電話でのご予約・お問合せはこちら

業務時間:平日9:30~18:00 (法律相談は19:00まで)
予約フォームによる相談予約は土日含む24時間受付
定休日:土曜・日曜・祝祭日

事務所のご案内

かがやき法律事務所
Kagayaki Law Office

078-393-5022

078-393-5023

info@kagayaki-law.jp

〒650-0034
神戸市中央区京町74番地
京町74番ビル6階

事務所のご案内はこちら

最寄り駅

JR・阪急・
阪神地下鉄西神山手線 各線 「三宮駅」 南南西へ約5分

地下鉄海岸線 「三宮・花時計前駅」 徒歩約2分

地図・アクセスはこちら

業務時間

平日9:30~18:00
(法律相談は19:00まで)
予約フォームによる相談予約は土日含む24時間受付

定休日:土曜・日曜・祝祭日

当事務所は経済産業大臣より経営革新等支援機関として認定されています。

弁護士紹介

弁護士:須山幸一郎

兵庫県弁護士会所属
弁護士登録番号:29617

プロフィールはこちら

PDFファイルをご覧になるにはアクロバットリーダーが必要です。

Google+